画像
Harman/KardonのアンプCitation XXPの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

画像

Harman/KardonのアンプCitation XXPの魅力と真実に迫る

harman/kardon Citation XXPは、同社の設計思想と伝統を引き継ぎつつも、次の時代を見据えた発展の足がかりとして開発されたプリアンプとして、1982年に誕生しました。

オープンループ特性を高めることに注力して、回路全てが取り扱う信号に比べて広い帯域と速いスピードを手に入れています。

さらに、わずかにノイズフィギュアを適用することで、安定性の確保に成功しています。

また、回路の能力を越えるような帯域外の信号成分が混入しない設計を採用し、TIM(過渡混変調歪)が発生することを防ぐとともに、回路の複雑さによる弊害を排除しています。

フォノアンプ回路に目を向けると、新たに開発されたデュアルRIAAイコライゼーションサーキットをマウントしています。
デュアルRIAAイコライゼーションサーキットは、RIAAネットワークを2つ搭載させ、1つは増幅段の間に、もう1つはNFループ内に設置。
これによりNFループをかける前の段階でRIAAカーブを確保して、これに全帯域にわたって均一なNFを実現しています。

Citation XXPのサイズは、幅425mm×高さ120mm×奥行375mm、質量11.5Kgとなっています。

出力レベル調節機構には、COCシステム(Combination Output Control System)を採用していますので、細かな設定も可能です。
これにより、Citation XXPは、様々な領域で、安定したサウンドを再現することを可能なアンプに仕上がっています。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑