文字サイズ:

買取品目

  • アンプアンプ
  • スピーカースピーカー
  • プレーヤープレーヤー
  • レコードプレーヤーレコードプレーヤー
  • オープンリールデッキオープンリールデッキ
  • アクセサリーアクセサリー
  • カートリッジカートリッジ
  • ハイレゾハイレゾ
あんしん売却。

オーディオを売るなら絶対ココ!!

アンプ、スピーカー、プレーヤーから真空管やスタンド、
カートリッジやトランス、インシュレーターまで
 「音」 に関するモノなら何でもご相談ください!

高く売れる!それは日本一高く買取る宣言をしているから。

  • 出張買取でまとめて一度に買取ができる。
  • 毎日、買取市場の相場を把握している。
  • オーディオ好きなスタッフが価値を理解している。
  • 全国にオーディオに詳しいバイヤーが多数在中。
  • どこにも負けない独自の販売ルートがある。
  • 下取りのように買取価格が不明瞭でない。
  • 業者も利用するほどの大量買取ができる。

などなどが、高く売れる理由です。

  • 古くても大丈夫古くても大丈夫
  • 壊れてる品物を売りたい壊れてる品物を
    売りたい
  • 高く売りたい高く売りたい
  • 査定価格を知りたい査定価格を
    知りたい
  • 今日、査定をしてもらいたい今日、査定を
    してもらいたい
  • プロの方に査定してもらいたいプロの方に査定
    してもらいたい
  • 出張買取対応出張買取対応
  • 交渉大歓迎交渉大歓迎
  • 現金でお支払い現金でお支払い
m
オーディオサウンド

対応エリア 全国展開中!

スタッフ紹介

スタッフ

-Message-
「また、君にお願いするよ!」と言っていただけるのが何よりの幸せです。

私たちの商売は、地元に根付いた商売です。いい加減なことをしたら商売を続けることができなくなりますから。
なので「明日、あなた査定に来てよ!」と指名された時ほど嬉しいことはございません。これからも、お客様一人ひとり真心を込めて対応していきたいと思っています。

心がけていること

買取りをやっていて一番感じることは、「お客様のオーディオに対する思いは様々」だということです。だから、思い出深いオーディオを譲っていただく際には「商品の価値を正しく判断し査定する」ことを忘れないように心がけています。

高額買取が出来る専門店として当店が選ばれることには理由があります。

オーディオサウンド 他社サービス
  • 全国対応可能!
  • ご依頼受領後、最短30分でのお伺いも可能!
対応地域
  • 会社により全国対応
  • 店舗の場合、対応エリアが限定
  • プロのスタッフが査定するためお客様から
    高く買取る事が出来ます!
  • 出張、見積もり、搬出費、買取不成立でも
    一切お金はいただきません!
価格
  • 型番、年式で査定
    (実際の買取額と大きく異なる事が多い)
  • アルバイトが査定の場合があり、不安の声も…
  • オーディオ大好きなスタッフが勢ぞろい!
  • オーディオの知識が豊富なスタッフが対応!
スタッフの質
  • アルバイトのスタッフが査定するケースがある。
  • 専門店ではない為、査定金額に不安との声も・・・
  • 9:15~20:30であれば電話はいつでも繋がります!
  • 年中無休!
  • Webからのお問い合わせにも迅速対応!
  • 当日、現金即金が可能です!
対応速度
  • 電話が繋がらないと不安の声が・・・
  • 店舗の場合は定休日有り
  • 現金即金あり(振込みの場合数日かかる場合も)
全国店舗数業界No.1!!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
JAZZを鳴らすならJBL4311しかない。家庭用に進化したJBLが、果たして伝統をきっちり受け継いでいるのか?とても気になったので自分の耳で確かめてました。
画像

JBL4311の魅力と真実に迫る!

1970年代に発売された4311はスタジオでも多く導入されているスピーカーのひとつです。
スタジオ仕様の小型スピーカーの代名詞とも言える名機であり、現在でも熱烈な愛用者の多いモデルである事に間違いありません。
今回は家庭用に進化したJBLが、果たして伝統をきっちり受け継いでいるのか?とても気になったので自分の耳で確かめてみたいと思います。

JBL4311は、バスレフ方式でブックシェルフ型の3ウェイ・3スピーカーになっております。
使用されているユニット構成は、
低域用-30cmコーン型(2212)
中域用-3cmコーン型(LE5-2)
高域用-3.6cmコーン型(LE25)
サイズは幅360×高さ600×奥行300mm
重量は19キロとなります。
モニター型として使用することを想定しており、コンパクトで比較的軽いものとなっているのが特徴といえます。
また、ウーファーを上部にしてスコーカーとトゥイーターを下部に配置しているのも、天井から吊り下げて使用する事を想定したせいか、迫力ある音を鳴らしてくれるスピーカーです。

スカッと抜けが良く、乾いた音で濁りが無い音はまるでアメリカ映画に出てくるカリフォルニアの空のようで、JBLファンはもちろん、一度聴くと病みつきになるのも理解出来ます。
トランペットの突き抜けるような高音が気持ちよく、独特のツヤと張りのある音、特に中域は分厚く聴こえ、1960〜80年代初頭までのJBLの音は、4311に限らず、現代のスピーカーにはない魅力があります。

エイジングには時間がかかる?
JBL4311はどちらかと言うと周波数のレンジが狭いために今の音楽を聞くと少し不満が残るかもしれません。
ある程度パワーを入れないとまともな音が出ず、エイジングには時間がかかりそうです。
また古いスピーカーだとオリジナルのパーツが手に入らないことが多くちょっと手がかかるのも気になるところです。

画像

ご遺族の方必見!4分でわかる失敗しない遺品整理【オーディオ編】

オーディオサウンド
遺品整理のページはこちら

買取品目

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑
m