文字サイズ:

買取品目

  • アンプアンプ
  • スピーカースピーカー
  • プレーヤープレーヤー
  • レコードプレーヤーレコードプレーヤー
  • オープンリールデッキオープンリールデッキ
  • アクセサリーアクセサリー
  • カートリッジカートリッジ
  • ハイレゾハイレゾ
あんしん売却。

オーディオを売るなら絶対ココ!!

アンプ、スピーカー、プレーヤーから真空管やスタンド、
カートリッジやトランス、インシュレーターまで
 「音」 に関するモノなら何でもご相談ください!

好きこそ物の上手なれ

オーディオを愛する気持ちはスタッフ一同どこにも負けません!!
出張料金はもちろん無料でお伺い、お客様の言い値に挑戦!
お電話、メールひとつで専門のバイヤーが現金を持って参上致します。
お手間なく高価お買取をお約束致します!!

  • 古くても大丈夫古くても大丈夫
  • 壊れてる品物を売りたい壊れてる品物を
    売りたい
  • 高く売りたい高く売りたい
  • 査定価格を知りたい査定価格を
    知りたい
  • 今日、査定をしてもらいたい今日、査定を
    してもらいたい
  • プロの方に査定してもらいたいプロの方に査定
    してもらいたい
  • 出張買取対応出張買取対応
  • 交渉大歓迎交渉大歓迎
  • 現金でお支払い現金でお支払い
m
オーディオサウンド

対応エリア 全国展開中!

スタッフ紹介

スタッフ

-Message-
「また、君にお願いするよ!」と言っていただけるのが何よりの幸せです。

私たちの商売は、地元に根付いた商売です。いい加減なことをしたら商売を続けることができなくなりますから。
なので「明日、あなた査定に来てよ!」と指名された時ほど嬉しいことはございません。これからも、お客様一人ひとり真心を込めて対応していきたいと思っています。

心がけていること

買取りをやっていて一番感じることは、「お客様のオーディオに対する思いは様々」だということです。だから、思い出深いオーディオを譲っていただく際には「商品の価値を正しく判断し査定する」ことを忘れないように心がけています。

高額買取が出来る専門店として当店が選ばれることには理由があります。

オーディオサウンド 他社サービス
  • 全国対応可能!
  • ご依頼受領後、最短30分でのお伺いも可能!
対応地域
  • 会社により全国対応
  • 店舗の場合、対応エリアが限定
  • プロのスタッフが査定するためお客様から
    高く買取る事が出来ます!
  • 出張、見積もり、搬出費、買取不成立でも
    一切お金はいただきません!
価格
  • 型番、年式で査定
    (実際の買取額と大きく異なる事が多い)
  • アルバイトが査定の場合があり、不安の声も…
  • オーディオ大好きなスタッフが勢ぞろい!
  • オーディオの知識が豊富なスタッフが対応!
スタッフの質
  • アルバイトのスタッフが査定するケースがある。
  • 専門店ではない為、査定金額に不安との声も・・・
  • 9:15~20:30であれば電話はいつでも繋がります!
  • 年中無休!
  • Webからのお問い合わせにも迅速対応!
  • 当日、現金即金が可能です!
対応速度
  • 電話が繋がらないと不安の声が・・・
  • 店舗の場合は定休日有り
  • 現金即金あり(振込みの場合数日かかる場合も)
全国店舗数業界No.1!!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド

大型モニターのパイオニアであり、特に38センチの大型ウーハーから出る音圧は他社のスピーカーとは一線を画しています。
JBL の代表的モデルは43シリーズだと思いますが、4350など2発の大型ウーハーと樹脂製のホーンから出るサウンドはまさに、アメリカ。
現在のエヴェレストシリーズにも、そのスピリッツは受け継がれています。

JBLの魅力

  • JBL L75 MINUETの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • JBL CENTURYGOLD LIMITEDEDITIONの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • JBL 4343WXの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • JBL S3900の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • JBL 4425MKⅡの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • JBL 4312Eの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • JBL L65の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • JBL S143の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • JBL 4428の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • JBL S5500の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • JBL S3100の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • JBL 4345の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • JBL 4343Bの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • JBL 4429の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • JBL 4425の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • JBL 4344の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • JBL S4700の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • JBL 4350Aの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • JBL M9500の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • JBL S9800の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • JBL DD66000の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • JBL Apolloの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • JBL C38 BALONの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • JBL 4344MarkIIの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • JBL S8の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • JBL 4333Aの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • JBL SRX738の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • JBL 4325の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • JBL S101の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • JBL Ti10Kの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • JBL L65Aの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • JBL 4770Aの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • JBL TS6000の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • JBL S3800の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • JBL C54の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • JBL LS80の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • JBL 4331Aの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • JBL L200の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • JBL 4320の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • JBL 4301の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • JBL 570CHの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • JBL L166の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • JBL 240Tiの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • JBL 4312MKIIの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • JBL S2500の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • JBL 4312Bの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • JBL 4318の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • JBL 4333Bの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • JBL 4333の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • JBL S143MKIIの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • JBL L200Bの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • JBL L100の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • JBL XPL200の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • JBL 4331の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • JBL SVA2100の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • JBL 4312SXの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • JBL L33の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • JBL L300の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • JBL ヴィンテージの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • JBL L101の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • JBL 4312SEの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • JBL 4343BWXの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • JBL 4344Mの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • JBL DD55000の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • JBL 4430の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • JBL S3500の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • JBL 4343の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • JBL S4800の魅力と真実に迫る!JBLの価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • JBL 4344MkIIの魅力と真実に迫る!JBLの価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • JBL 4311Bの魅力と真実に迫る!JBLの価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • JBL Bel Aireの魅力と真実に迫る!JBLの価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • JBL 4312の魅力と真実に迫る!JBLの価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • 4318のユニットに改良を施し、モデルチェンジした4319を大型オーディオ店の静かな試聴室で、純正スタンドに載せた状態で試聴致しました。

  • 使い勝手が良い、ミドルサイズ・モニターJBL4307。上位機種なみの充実した装備による再生音と使い勝手の良さがあるというJBL4307の真価のほどを探ってみました。

  • エネルギー感溢れるJBLのコンパクトモニターの新時代を築くハイグレード・ブックシェルフ・システムの誕生という事で注目をされている4306の実力を確かめてみました。

  • JAZZを鳴らすならJBL4311しかない。家庭用に進化したJBLが、果たして伝統をきっちり受け継いでいるのか?とても気になったので自分の耳で確かめてました。

  • JAZZと言えば、やっぱりJBLだと改めて感じさせるJBL4344M。あの外観のデザインとマッチした音源が近寄って来るような感覚は4344Mにしか味わえない世界。しっかりと駆動してあげると実は・・・

  • 世界中の登山家が夢に見る最も危険な死の山と言えば“エベレスト”。EVEREST DD67000は、まさにオーディオ愛好家なら登頂したい最高峰のスピーカーの1つだ。フルドライブさせてみた感想は・・・

買取品目

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑
m