画像
KANNOのアンプ300B-MNの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

画像

KANNOのアンプ300B-MNの魅力と真実に迫る

KANNO 300B-MNは、同メーカーの中でも別格の評価を獲得し、伝説的なモノラル真空管パワーアンプとして名を馳せた名機です。
アメリカのウエスタンエレクトリック社が1983年前後に販売していた300Bという機種の回路を流用しながら、圧倒的なサウンドを叶えたのです。

構成は6SN7-INTR-300B真空管-OUTTRと非常にシンプルで、あえて無駄を排除している印象です。

また、スピーカーターミナルにもWBT社の大型バインディングポスト型をマウントしています。
ただ、ウエスタンエレクトリック製の単なる流用という代物ではなく、細かなパーツは全てKANNOが厳選したものを使用し、サウンドは日本のメーカーらしい繊細さをもたせることに成功しています。

チューニングも、KANNOのエンジニアが徹底的に微調整を重ねたことにより、細部にまで細かなサウンドの再現性を実現しています。

入力はXLR/RCAを確保しており、見た目以上に拡張性が高い点も評価できますね。

300B-MNのサイズは、幅400mm×高さ215mm×奥行230mm、質量14.5kgとなっています。

レジェンドの名に相応しいKANNNO300B-MS。
その無骨な外観からは、徹底して音質のみを重視する姿勢が垣間見え、ある種の美しさすら感じさせます。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑