あんしん売却。

KANNOは、福岡県北九州市小倉北区に本社がある、通信機器システムなどを扱う会社です。

1930年に小倉市で誕生して1944年に株式会社カンノ製作所が設立されます。
主に鉄道関連の機器を取り扱っており、発車ベル装置や発車メロディ、駅構内への放送装置、風速監視装置などを担当しています。
かつてはオーディオ機器の製作も行っていて、真空管アンプ・オーディオトランスなどを手がけ、ディープなファンから支持を得ていました。

Western Electricと親交が深いことでも有名で、上質な真空管アンプには高い評価が集まりました。
今古くからのオーディオマニアの間では、今なお語り継がれるブランドです。

KANNOのアンプは、出力段に段間の結合や入力段にトランスを用いているのが特徴です。
テストを重ねて得た最適な組み合わせを採用し、コア材には品質の高いパーマロイ素材を使っていている点も面白いですね。

音楽再生において増幅素子として真空管は最良で、それを完全に動作させるにクオリティの良いパーマロイ・コアを使用したトランスしかないという考えが、KANNOの基本スタンスとなっています。
真空管アンプの独特な温かみがあるサウンドで、特にアナログサウンドをより高い再現性で楽しめます。

KANNOの魅力

  • KANNOのアンプ300B-SA EXCEEDの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • KANNOのアンプ300B-MNの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

 

KANNO 最新買取情報

     
           

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑