画像
KANNOのアンプ300B-SA EXCEEDの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

画像

KANNOのアンプ300B-SA EXCEEDの魅力と真実に迫る

KANNO 300B-SA EXCEEDは、モノラル仕様であるKB300のステレオ版として発表されたアンプです。
徹底的にウェスタンエレクトリック社製品の研究を重ねてきたKANNOが手がけた最後のアンプとしても知られています。

真空管にはウェスタンエレクトリック社のWE300Bを使用しています。
300B直流点火は2電源方式を採用し、垂直立ち上げを可能として、イントラと段間、出力、チョーク、電源トランスなどは基本的にKB300を踏襲しています。
トランスはパーマロイコアを取り入れることで、より高感度かつ低歪化を実現することに成功しています。

また、ヒステリーシス損を減少させ、残留磁束が最小になる形状のコアを、このアンプのために開発してマウントしています。
このようなパーツに対する徹底的なこだわりが、安定的な稼働を実現させつつ、コスト面にもしっかりと配慮がなされており、そのバランス感覚は特筆に値します。

300B-SA EXCEEDのサイズは、幅48mm×高さ22mm×奥行36mm、質量26kgとなっています。
意外と重量がありますが、置き場所にはそれほど困りません。

300B-SA EXCEEDは、KANNOから発表された最後のアンプであり、同メーカーの心意気が強く反映されたモデルです。
KANNNOの歴史の最後を飾るにふさわしい名機といえるでしょう。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑