あんしん売却。

Lo-D 日立は、日立製作所の日本国内におけるオーディオブランドとして誕生し、現在ではその製品は、日立コンシューママーケティング リビングサプライ社から発売されています。
Lo-Dという名前の由来は、ローディストーションからの造語となっています。

1960年代後半から高級オーディオなどの専門ブランドとしてスタートし、1970年代のオーディオブームに乗じて、ギャザードエッジスピーカーをはじめとする、様々な製品を発表しました。
パワーMOS FETアンプ、コンパクトカセットデッキ用の3ヘッド、CDプレーヤーなど、そのラインナップの豊富さは、総合電機メーカー系では群を抜き、非常に存在感のあるブランドだったといえるでしょう。
その後、一時的に低迷するものの、そのクオリティの高さから現代になりCDラジカセなどに再度注目が集まっています。

Lo-D 日立のアンプの特徴は、なんと言ってもパワーMOS FETを搭載している点と言えるでしょう。
ステレオパワーアンプ「MHA-9500」において初めて搭載されていますが、従来の小信号MOS FETと比較しても高い増幅率を確保して、直線性が良いという特性があります。
さらに、バイポーラトランジスタに比較して1桁以上も高周波特性が優れているのが魅力的です。
ユニトルクモーターやATRSシステムも独特な進化を遂げて、今なおそのクオリティの高さは健在です。

Lo-D/HITACHIの魅力

  • Lo-D/HITACHIのアンプHMA-9500の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • Lo-D 日立のアンプHMA-9500MKⅡの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

 

Lo-D/HITACHI 最新買取情報

     
           

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑