画像
Lo-D/HITACHIのアンプHMA-9500の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

画像

Lo-D/HITACHIのアンプHMA-9500の魅力と真実に迫る

Lo-D/HITACHIのアンプHMA-9500

Lo-D 日立HMA-9500は、パワーMOS FETを採用した最初のステレオパワーアンプとして、1977年に誕生しました。

パワーステージにおける増幅素子としてパワーMOS FETを用いており、同ブランドの従来モデルと比較し、増幅率を誇ります。

また、直線性に優れていて、高周波特性においては、1桁以上も優れているという特徴を持っているのです。
動作理論上、スイッチング速度が、他にも過電流などの電気的なストレスが発生しにくく、アンプの保護回路がシンプルなどの優れた点を持ちます。

回路構成に目を向けると、初段シンプルな差動増幅器であるのに対し、2段目にはカレントミラー回路を負荷に採用した差動増幅器という構成になっています。

リニアリティおよび周波数特性が良く、電力ゲインも大きいのが特徴です。
設計段階から、しっかりとしたコンセプトを持っていないと、このような構造を手に入れることができませんので、その点でよく考え抜かれたアンプであることが把握できます。

HMA-9500のサイズは、幅435mm×高さ192mm×奥行410mm、質量28Kgとなっています。

徹底的なノイズ排除により、クリアなサウンドを楽しめますので、より格式の高いサウンドを手に入れたい場合、優れた選択のひとつになってくれるでしょう。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑