あんしん売却。

LUXMANは、1925年の創立時にはラジオ受信機の高い技術で注目されました。
アナログプレーヤーの全盛期に活躍して高い支持を集め、アナログ後期となる1980年には、バキューム・ディスク・スタビライザーを開発しています。

これは、ターンテーブル「PD300」に搭載されたシステムで、ポンプを利用してレコード盤をターンテーブルに吸着させるという画期的なものでした。
原理としてはシンプルで、ターンテーブル表面に空気の吸入口、内部に通路を設けて、「ふいご」の応用で吸着させています。
さらに、吸着を継続し振動を抑制するために、カッティングマシンにヒントを得た技術を用い、耐久性の高いシーリング・パッドを採用しました。
この吸着・解除の操作は、キャビネット全面のレバーひとつで可能となっています。

50キログラム程度のスタビライザーを搭載したような圧力で、レコード再生が安定し振動を抑制できるため、簡単な構造でも優れた機器であることが分かるでしょう。
2011年には、アナログディスクプレーヤー「PD-171」の発売記念として、真鍮と無垢材からなる直径69mmのLUXMANオリジナルのディスク型スタビライザー、「STB-10」を100名限定で贈呈しました。

高音質を追求する老舗メーカーLUXMANのスタビライザーは、オーディオマニアからの強い支持があるので、今後も高値のままで取引されていくことでしょう。

LUXMANの魅力

  • LUXMAN PD555の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

 

LUXMAN 最新買取情報

     
           

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑