画像
Marantz CD-23DLTDの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

Marantz CD-23DLTDの魅力と真実に迫る

1994年に発表されたMarantz CD-23は、コンパクトなトップローディング式CDプレイヤーとして人気を博しました。
そのCD-23をチューンナップして、1996年に発売されたのがCD-23DLTDです。

メカニズムには、1ビーム・スイングアームメカ「CDM-9PRO」、D/Aコンバーター部には、1ビットストリーム方式「DAC7」、アナログ出力回路には、ディスクリートアンプモジュールの「NEW HDAM」を採用するなど、CD-23の内部設計をほぼそのまま受け継いでいます。

スイングアームメカとして最後のモデルとなる「CDM-9PRO」が生産終了となるため、CD-23DLTDは200台のみが限定販売されました。

フロントパネルやメーター照明などに小変更が加えられましたが、一番の変更はデジタルの同軸出力/入力、光出力/入力が装備されたことです。
これにより、CD-23DLTDをD/Aコンバーターとして使用することも可能となり、コンパクト設計を生かしてより柔軟な使い方が可能になりました。

CDにクランプを乗せ、グラスリッドをかぶせてからプレイボタンをオンするのは面倒かもしれませんが、アナログプレイヤー好きのオーディオファイルには逆に魅力的だったようです。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑