画像
Marantz SA-7S1の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

Marantz SA-7S1の魅力と真実に迫る

SA-7S1

2006年、MarantzはSACDプレイヤーのフラッグシップ機SA-7S1を発表しました。
信号のピックアップの要であるメカモジュール部には、MarantzオリジナルのSACDM-1を搭載。

D/Aコンバータ部にNPC社製「SM5866AS」を左右独立で採用して、DSDとPCMの両信号を24bit相当の分解能でアナログ変換します。

DAC以降のアナログ部にはMarantz独自の「HDAM R 」を搭載し、すべてフルバランス回路で構成されています。
フロントパネルとトップカバーにアルミ無垢材、リアパネルは銅メッキ鋼板、内部シャーシに3.2mm厚2層(黒鋼板+銅メッキ鋼板)構造にするなど、徹底的な制振対策が取られ、SA-7S1の重量は22.3kgにも及んでいます。

当時、デジタル信号処理時に発生するジッターの悪影響が注目され、オーディオファイルの中にはプレイヤーにマスタークロックジェネレーターを接続するケースが増えていました。
この動きに対応しSA-7Sにも外部クロック入力端子が装備され、クロック周波数はCDの44.1kHzに加え、88.2kHz、176.4kHzにも対応しています。

当時のMarantzの持てる技術をすべて結集させたSA-7S1は、CDではどっしりとした重心を保ちながら躍動感に満ちたサウンドを奏で、SACDではもはや別次元とも呼べる圧倒的な情報量でリスニング空間を満たしました。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑