画像
Marantz SA-8005の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

Marantz SA-8005の魅力と真実に迫る

Marantz SA-8005

Marantz初のUSB入力対応SACDプレーヤーSA-8004は、本格的なハイレゾ時代に突入した2014年にSA-8005へとバージョンアップしました。

D/Aコンバーター部には、DSDダイレクト変換に対応のシーラスロジック社製「CS4398」を採用し、44.1kと48kHzそれぞれ専用のクリスタルクロックを搭載することによりジッターを抑制。
また、高速デジタルアイソレーターを7素子(13回路)使用した「デジタル・アイソレーション・システム」を搭載することで、USB端子に接続されたPCから流入するノイズを防いでいます。

さらに、D/Aコンバーター以降のアナログ出力部には、Marantzの独自高速アンプモジュール「HDAM」と「HDAM-SA2」を採用し、オペアンプを使用しないフルディスクリート構成となっています。
フロントパネルには、iPod/iPhoneを接続して充電もできるUSB-A端子を設け、最大48kHz/16bitまの再生に対応。
加えて、ハイレゾ時代になって増えてきたヘッドホンユーザーに向けて、高速電流バッファー搭載ヘッドホンアンプも内蔵しています。

SA-8005は、PC接続で澄み切ったサウンドを聴かせ、SACD/CDも重心の低い安定した再生を実現しており、12万9500円というプライスは抜群のコストパフォーマンスと言えましょう。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑