画像
Marantz UD-9004の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

Marantz UD-9004の魅力と真実に迫る

Marantz UD-9004

2009年に音楽用ディスクとして、CD、SACD、DVD-Audio、Blu-ray Discが揃い踏みすると、これら全てに対応したユニバーサルプレーヤーが求められるようになり、それに応えるべく、MarantzはUD-9004の発売に踏み切りました。

このモデルにおける高い制振性の3BOX構造シャーシに収まる新開発メカモジュールは、亜鉛ダイキャストメカニズムケースと2層スチールトップカバーからなる堅牢な作りになっています。
天板は高剛性の3ピース構成になっており、脚部は純銅削り出しの分厚いインシュレーターを装備。
そして、アナログオーディオ出力部には、SACDプレイヤーで培ってきたMarantzオリジナルのHDAM(R)、HDAM(R)-SA2をハイブリッドで使用しています。

D/Aコンバーターチップには、旭化成エレクトロニクス社製「AK4399」を採用し、マルチチャンネル再生に対応するため合計6個搭載。
当然のごとく映像ソースにも対応しているので、音楽用DACとは別にAnalog Devices社製の297MHz/14bitビデオDACも使用されています。

UD-9004の音楽再生能力は非常に高く、MarantzのSACDプレイヤー中核機に匹敵するレベルにあり、幅440×高さ163.5×奥行409mmの巨大な筐体は、オーディオラックに収めるのに難儀するものの、SACDのマルチチャンネルも高品位に再生する能力を考えれば、十分に許容されるのではないでしょうか。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑