画像
Marantz AV8802Aの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

Marantz AV8802Aの魅力と真実に迫る

Marantz AV8802Aは、11.2chに対応したフラッグシップAVプリアンプとして、2016年に販売開始しました。

ハイクオリティなサウンドが次々と生まれる中で、著作権問題が深刻化している昨今ですが、そこに期待を背負って登場したのが、4K映像コンテンツに使用される著作権を保護する技術「HDCP 2.2」です。
AV8802Aでは、このHDCP 2.2に対応することで、衛星放送やインターネット上の4Kコンテンツのサウンドを安心してお楽しみいただけます。

またAV8802Aには、デジタル時代に対応したハイクオリティな仕掛けも多く見られます。
例えば、プレミアムHi-Fiグレードの11.2chプリアンプ回路を採用して、電流帰還型送り出しアンプをフルディスクリート化することに成功しているのもそのひとつです。
その能力は絶大で、AV8801の約16倍もの能力アップに成功しています。

また、最大11.2chの同時出力に対応しているのも特筆すべきポイントです。
プリアウト端子は、バランスとアンバランス共に13.2chを装備していて、入出力端子には金メッキ処理を施しています。
これにより、経年劣化を防止することにも成功しているのです。

AV8802Aのサイズは、幅440mm×高さ185mm×奥行389mm、質量13.6Kgとなっています。
様々なノイズ低減策を施していて、素直なサウンド作りに寄与させています。
また、アナログ回路用の電源に大容量のトロイダルトランスをマウントし、ブロックコンデンサーも特注のものを使用しているこだわりようです。
あらゆるサウンドを楽しめるハイクオリティなプリアンプとなっています。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑