あんしん売却。

音響機器のブランドとして、アメリカ合衆国で設立され、現在も根強い人気を持っているMarantz(マランツ)。
オーディオ好きなら一度は聴いてみたい質の高いアンプなどを多く販売しています。

オーディオ関連の中でも、アンプに強い企業としても非常に有名です。

Marantzは1953年にアメリカ合衆国で、インダストリアル・デザイナーで電気技術者であるソウル・バーナード・マランツが「マランツ・カンパニー」として設立したのが始まりです。
そんなMarantzは1951年に製作したプリアンプが評判となり400台もの受注を抱えていたなど始める前から人気を博していました。

1950年代末期に発売されたプリアンプの「model 7(7C)」、パワーアンプ「model 9」の2機種は日本でも特に有名となり、その先進的な設計などは真空管全盛期には代表的な存在となっています。
しかし、その後、資金が枯渇してしまいスーパースコープ社へ売却することに。

売却後もトランジスタアンプで成功させ、オーディオ業界では存在感を出し続けました。
フィリップスの売却された後は、最新のフィリップス製部品を多く搭載した自社のCDプレーヤーを開発し、デジタルオーディオ分野でも製品を展開していきました。

2000年代後半には独創的な筐体デザインの製品を発売するなど、存在感を発揮しており、現在多くの音楽愛好家にファンがいます。

Marantzの魅力

  • オールドマランツ名機 最後の真空管アンプ Model 9 外観等は経年による傷汚れはございますが音はどうでしょう…?!

  • 「音楽再生の限界を押し進め限界点を見直す」 Marantzクオリティは、音楽への熱き情熱と献身性から生まれた。

対応エリア 全国展開中!

オーディオサウンド
↑