画像
Marantz Model 5の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

Marantz Model 5の魅力と真実に迫る

画像

Marantzの中でも、歴史に名を残すモデルとして、Model 5があります。
名パワーアンプが生まれたのは1958年のことですが、当時としてはありえないほどの広レンジなアンプとして、オーディオファンは驚愕の声を挙げたのです。

Marantzの設計者として有名なシドニー・スミスが、自身が設計したもので一番のお気に入りであることを公言しているほど、思い入れのあるモデルとなっています。
当時はステレオLPレコードが誕生したタイミングでもあるので、各社でもそれに対応したアンプがメインで開発されていました。その中で、あえてアナログを前面に押し出しています。

出力は30W(UL接続)、EL34プッシュプル機構を採用して、真空管には6BH6(GE)、6CG7(RCA)、GZ34(RCA、RAYTHEON)、EL34(MULLARD、SIEMENS)とバランスよくマウントしています。

Model 5のサイズは、幅152mm×高さ186mm×奥行378mm、質量13.4Kgとコンパクトなものとなっています。

メンテナンスがとても簡単に行えるので、今でも部品を交換しながら、長期に渡って愛用している方が多いモデルでもあります。

シャープな切れ味と凝縮された密度感が両立したサウンドを奏でるModel 5は、アナログサウンドをより際立たせる事はもちろん、デジタルサウンドを暖かく奏でる点も魅力的です。
レトロな趣のある筐体で、視覚的な楽しみもあります。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑