画像
Marantz PM-11S2の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

Marantz PM-11S2の魅力と真実に迫る

画像

Marantz PM-11S2は、初代モデルとなるPM-11S1で採用された「左右チャンネルの音声信号を並行に伝送し、最短距離で増幅する」という内部コンストラクションを継承したモデルとして、2012年6月に発売されました。

元々セパレートアンプSC-11S1/SM-11S1などで開発された高音質パーツやアルミニウムトップパネルを採用するなど、Marantzの各モデルのいいとこ取りとなっているプリメイン・アンプとしても人気を博しています。

Marantzはドライブ力を重要なものであると考えており、そのアンサーとして、アンプにおける基本技術である、「瞬時電流供給能力」をブラッシュアップさせるアプローチを採用し、PM-11S2は大幅なパワーアップに成功しています。

さらに、フォノイコライザーアンプは、コンスタント・カレント・フィードバック方式の新設計回路をマウントするなど、新たなチャレンジを試みている点にも注目です。

PM-11S2のサイズは、幅440mm×高さ123mm×奥行419mm、質量13.5Kgとなっています。

Marantzの入門機として位置づけられているPM-11S2ですが、光デジタル入力を装備しており、DACモードでの動作が可能です。

対応サンプリング周波数についても、32kHzから96kHzの広範囲となり、幅広い用途での利用することができます。

多くの機器をそつなく操作するPM-11S2のインテリジェンスには驚かされますし、ハイクオリティなサウンドにはただただ脱帽するのみです。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑