画像
Marantz Model 66Fの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

Marantz Model 66Fの魅力と真実に迫る

画像

Marantz Model 66Fは、1998年に販売されたプリメインアンプです。

伝統的な回路を完全リニューアルして作られた、真空管ステレオプリメインアンプとして有名です。

UL接続とTriode接続の切換が可能となったことにより、より使い勝手の良いアンプに仕上がっています。

出力管に目を向けると、6CA7/EL-34を4本使用しており、安定したパフォーマンスの発揮に寄与。
また、出力トランスはSchumacher・Electric社のものを使用することで、さらなる進化を遂げることに成功しています。

フォノイコライザーアンプ部にはNF型とCR型のトーンコントロールを採用しています。
当時の技術の粋を結集させつつも、安定したパフォーマンスを失わせないバランス感覚は、Marantzの技術力の高さが伺えます。

周波数特性は、CD、Line、Tape play共に10Hz~40kHz ±1dB、全高調波歪率も0.1%(1kHz、1W、8Ω負荷)と納得の出来栄えです。

スイッチ類一つとっても、素材が高級感に満ち溢れていて、強いこだわりを感じさせ、内部のパターンにもノイズの要因となるものを徹底排除。
真空管の特徴である艶のある澄んだ中高域はもちろんですが、低域も深く包み込むようなサウンドを実現できるアンプとなっています。

Model 66Fのサイズは、幅440mm×高さ205mm×奥行432mm、質量22.5Kgと程よいサイズとなっています。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑