画像
Marantz SC-11S1の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

Marantz SC-11S1の魅力と真実に迫る

画像

Marantz SC-11S1は、数あるMarantz製品の中でもプレミアムモデルとして位置づけられているアンプです。
2007年に販売されたのですが、ミドルクラスのセパレートアンプとしては約25年ぶりの新作とあって、多くのオーディオファンが待ち望んだモデルとしても有名です。

SC-11S1は、リファレンスコントロールアンプSC-7S2のコンセプトを踏襲してデザインされているのが特長です。

20kHzにおいて90dB以上という優れたチャンネルセパレーションを誇っており、それを実現しているのも、高速電流アンプモジュール「HDAM」によるところが大きいのです。
このアンプのために新たに開発した「HDAM SA3」を、贅沢にも34個も搭載していることで、処理速度を大幅に向上させることに成功しています。

フォノイコライザーは完全な新設計で、MC/MMに対応しており、オープンループでの周波数特性をRIAAカーブとしているので、低域から高域までのNFB量をほぼ一定に保つことが可能です。

ヘッドホンアンプはボリュームにも対応していて、バランス入力型となっています。
また、高音質オペアンプとディスクリート回路による電流帰還型のアンプをミックスさせてヘッドホン専用のパワーアンプとしても利用可能です。

安定したパフォーマンスが魅力的で、安心感を得られるアンプとしておすすめです。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑