画像
Marantz PM-14S1の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

Marantz PM-14S1の魅力と真実に迫る

画像

Marantz PM-14S1は、2013年に販売されたプリメインアンプです。
かつてはレコードが主流でしたが、CD、デジタルサウンド、そしてSACDと年々音質規格がアップしている中で、それに合わせたクオリティを担保したアンプとして高い人気を誇っています。

パワーアンプ部の回路にV/Iサーボ方式の電流帰還型を採用して、入力段にHDAM-SA3をマウントしています。
また、電源部にはOFC巻線のトロイダルトランスも印象的です。

電源回路ではブリッジダイオードやリレーの電流容量を大幅アップさせています。
これにより、低インピーダンス化に寄与して音質向上に成功しました。

他にも、PM-14S1の新機構としてHDAM-SA3にフェアチャイルド社製のローノイズ型トランジスタを採用するなど、細部に渡ってチューンナップを施し、よりクオリティを高いものに変化させる愚直な改善には、頭が下がりますね。

Marantz PM-14S1のサイズは、幅440mm×高さ123mm×奥行457mm、質量18.5Kgと比較的軽量です。
金メッキ真鍮削り出し入力端子を採用することで、ノイズが入り込む余地を一切なくしており、さらに頑丈なので劣化に強いというメリットもあります。

細かなポイントまで抜かり無く作り込まれたMarantz PM-14S1は、SACDの能力を最大限引き出す新世代のプリメインアンプということができるでしょう。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑