画像
Marantz PM-11S1の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

Marantz PM-11S1の魅力と真実に迫る

画像

Marantz PM-11S1は、2004年に誕生したプリメインアンプのフラッグシップモデルです。

セパレートアンプとして名高いSC-7S1/MA-9S1の性能を引き継ぎつつ、更に進化させたモデルとなっています。

プリアンプ部にはバランスバッファアンプを搭載しており、高品位なバランス入力に対応することができます。
また、全ライン入力端子にラインバッファをマウントすることで、非常に高い安定感を実現しています。

リニアコントロールボリュームには、イギリスのWolfsen社が提供するWM8816を並列接続し、S/N比の向上を実現。
他にも、電源回路にはチョークインプット方式を採用して、高調波の除去に成功しています。

パワーアンプ部では、ボルテージアンプとパワーバッファアンプの2アンプ構成という設計を用いています。
スピーカーからの逆起電力によるネガティブな影響をシャットダウンすることで、更なるパフォーマンスの強化に成功しています。

PM-11S1のサイズは、幅440mm×高さ162mm×奥行444mm、質量26.0Kgとなっています。

洗練されたなデザインは、リスニングルームをスタイリッシュに仕上げたいオーディオファイルからも大きな支持を得ました。
そのギリシャ彫刻のような、彫りの深いエッジの効いたサウンドは、レコードなどのアナログサウンドも際だたせることができます。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑