画像
MERIDIAN G08の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

画像

MERIDIAN G08の魅力と真実に迫る

MERIDIAN G08は、どこかレトロなハイテク機器を連想させるような、懐かしさを感じさせるCDプレーヤーとして2004年に誕生しました。

メカニズムにはATAPI ROM DRIVEを採用していて、的確に通信できるようなシステムを構築しています。

24bit/176.4kHzとアップサンプリングの高さを確保して、損失の少ないサウンド信号として各所に伝えることができます。

他にも、トリプル・バッファリング・システムを採用することで、より高い性能を発揮するように工夫されています。
この技術は随所に見られますが、MERIDIANは非常に高いレベルでそれを実現することができるのです。

入力フォーマットは、CD Audioだけでなく、CD-R、CD-RW、MP3など幅広く対応しています。
出力についても豊富に兼ね備えていて、デジタル出力は44.1kHzまたは88.2kHzで、同軸S/PDIF TOSlinkを揃えていますし、アナログ出力では、2チャンネル XLRバランスおよびRCAアンバランスを確保しています。
この痒いところに手が届く性能が素晴らしいですよね。

サイズは、幅440mm×高さ90mm×奥行350mm、質量8.5Kgとなっています。

1980年代によく見られた近未来を意識したデザインと、シルバーのキーボードが付いたデザインは、見ていてもほっこりすること間違いなしです。

G08は、サウンドも昔ながらの柔らかなものを作り上げるプレーヤーとしておすすめです。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑