画像
NECのアンプA-10の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

画像

NECのアンプA-10の魅力と真実に迫る

NEC A-10は、1983年に発売されたプリメインアンプで、電源部を各ステージ独立の5電源構成とし、他社パルス電源とは一線を画した、新開発「リザーブ電源」を搭載した点がこのモデルの特長です。

さらに、電源部には電源電圧を安定化させるシャントレギュレーター型電源回路を採用し、フィルターコンデンサーは、35mm径×100mmが56V8、200μF×4、160V3、300μF×2の計6本、25mm径×50mmを前段に6本搭載するなど、ひずみのない低域再生に貢献しています。
パワーアンプ部とプリアンプ部は、オペレーションスイッチで切り替えることで別個に使用可能であるほか、パワーアンプの出力ボリューム用として、左右独立のパワーアウトプットレベルコントロールを搭載し、ハイゲインMCヘッドアンプで、2ポジションの使い分けができます。

筐体は、アルミ無垢を使用、武骨でハードなデザインですが、ブラックのフロントパネルのツマミには白字で目盛りが施され、クールな印象です。

このNEC A-10は、パワフルな電源に支えられた力強い低域と密度の高い音質や、デジタルサウンドの魅力を最大限に引き出すためにNECが先進技術を駆使して作り上げたもので、生産台数が少なく、オーディオファンの間では幻の名機として知られています。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑