画像
ONKYOのアンプM-510の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

ONKYOのアンプM-510の魅力と真実に迫る

画像

ONKYO M-510は、1984年に誕生したステレオパワーアンプです。
究極のサウンドの実現を目的として、ダブルトランス・ドライブ方式など、当時としては最先端のテクノロジーを余すところなく取り入れているのが特長です。

通常のスピーカーでは、スピーカーの特性により位相ズレの起きた電流が、フラックスやアース、B電源を通じてアンプの増幅部に帰還してしまうという難点がありましたが、このアンプでは、位相のずれを増幅部へ帰還させないため、電流の経路にインフェイズ・トランスというトランスをかませています。
これにより、特に低音の制動を向上させることができ、優れた低音再生を確保することに成功しています。

また、左右の電源トランスを個別に独立させ、信号系以外の電源のためにもう1つのトランスを使用しているので、パワフルな動作が可能となりハイクオリティを確保することができるのです。

M-510は、幅507mm×高さ264mm×奥行512mm、質量63Kgとヘビー級のサイズ感です。

フロントパネルには左右独立のパワーメーターをマウントし、メーターにおいてはレンジ切換えやON/OFF操作に対応。
さらに照明も2段階で設定することができ、お好みでカスタマイズすることが可能です。

ウォームアップ時間についてもアイドリング電流を一時的に増やす事によるプリヒート機構とすることで、10分程度で動作させることもできます。

当時の最新技術を結集した、時代を象徴するアンプのひとつといって間違いないでしょう。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑