あんしん売却。


ONKYOは、五代武氏が1946年に立ち上げた大阪電気音響社がルーツとなるオーディオブランドです。
五代武氏は、かつて松下電器産業のスピーカー製造工場の工場長を務めていましたが、世界に誇れる国産スピーカーを作りたいという思いから、同社を創業しました。

その後、1948年に発表されたONKYO初のスピーカーとなる「ED-100」を皮切りに、アンプやレコードプレーヤー、システムコンポなど、数々のオーディオ機器を発表し、オーディオブランドとしての地位を確固たるものとしていきます。

ONKYOのアンプ製品の特長として挙げられるのは、3段インバーテッド・ダーリントン回路という独自のテクノロジーを採用している点です。
このONKYO独自の技術によって、ネガティブ・フィードバックを徹底的に抑えて、電圧の安定化を図ることに成功しています。
一般的には発振しやすく取り扱いが難しい回路なのですが、これをマウントすることに成功したのも、ONKYOが誇る高い技術力があってこそといえるでしょう。

ノイズが少なく、透明感があるサウンドを楽しむことができるのが魅力的です。
機能はシンプルに使いやすくをモットーにしていますが、様々な外部機器を増設できるよう、入出力端子を他メーカーに比べ多く装備しているため、拡張性が高いという特長もあります。

ONKYOの魅力

  • ONKYOのアンプTX-NR5010の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • ONKYOのアンプM-508の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • ONKYOのアンプM-5000Rの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • ONKYOのアンプTX-NR3030の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • ONKYOのアンプM-510の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • ONKYOのアンプM-588の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • ONKYOのアンプM-509の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

 

ONKYO 最新買取情報

     
           

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑