あんしん売却。

1970年代中頃は、まだ国内メーカーが盛んに真空管アンプの開発を行なっていた時代です。
その中でもONLIFE Researchの技術力は一歩抜き出ており、1976年には「U-22」と名付けられたプリアンプを発表しました。
当時13万5000円の価格は決して安いとは言えませんでしたが、舶来のMcintoshなどに比べれば予算的に入手し易かったことでしょう。

現在でも中古市場で高い人気を誇るU-22は、オーディオファイルにONLIFE Researchの名を知らしめ、その端正でストレートなサウンドは同社の他モデルにも共通するものでした。

その後、ONLIFE Researchは「Dynavector」ブランドのアンプを発表し、U-22の上位機種DV-3000もその中の1つになりました。1978年になると会社名そのものを「Dynavector」に変え、ONLIFE Researchの名は徐々にオーディオファイルの記憶から消えていきました。

後に、Dynavectorは主力製品を真空管アンプから、MCカートリッジとトーンアームに変更し、驚くべきことに40年以上経った現在でも開発と販売を続けています。
ONLIFE Researchが輝いた期間は一瞬だったかもしれませんが、U-22を愛用し続けるユーザーのリスニングルームでは、いまだに真空管の灯りをともし続けていることでしょう。

ONLIFE Researchの魅力

  • ONLIFE Research のアンプUM-10mkIIの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • ONLIFE Research のアンプU-22の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

 

ONLIFE Research 最新買取情報

     
           

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑