画像
OTARI MX-55Nの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

OTARI MX-55Nの魅力と真実に迫る

OTARI MX-55Nは放送局・スタジオで活躍してきたオタリ社のオープンリールデッキをコンパクトに凝縮した1/4インチ2チャンネルアナログテープレコーダーです。
トップパネルや側板にはアルミダイキャストを使用した強靭な業務用機でありながらも、他製品と比べ小型のボディとなっているため、あらゆる場所で活躍しやすく人気の高いモデルとなります。

使用リールは3~10.5、11.8リールが使用でき、左右のリール径に差がある場合でも使用可能となっています。
また、±20%の範囲内であれば0.01%毎のピッチコントロールが可能なロータリーエンコーダーを採用しているため、テープ速度がずれている録音テープの音程補正などを可能としています。

テープタイマーにはリピート機能やゼロ地点まで早巻きするサーチゼロ、登録されたキューまでサーチを行うサーチキューなど、操作が簡単に行える機能が満載です。

オタリ社は日本国内で最後までオープンリールデッキを製造していた会社ということでマシンの信頼性は非常に高く、その中でもMX-55Nは機能や造りに一切の妥協をしていない究極のデッキと呼ばれるほどの完成度を誇っています。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑