あんしん売却。

Pioneerは、東京都文京区に本社を置く電機メーカーです。
創業者である松本望氏が、純国産のスピーカーを作ることを目的に創設し、1937年には、初の純国産ダイナミックスピーカーであるA-8を世に送り出しました。
実は、Pioneerという名称はこのスピーカーの商標でした。
オーディオファイル間では、よく知られたエピソードかもしれませんね。
そして、A-8を販売するために立ち上げた福音商会電機製作所が、後に名称を変えてPioneerとなったのです。

1960年代に入ると、Pioneerは本格的にアンプを手がけるようになり、当時は管球式のプリメインアンプを多くラインナップしました。
SM-803では本格的イコライザーアンプを搭載し、当時としては高いスペックで話題を呼ぶなど、第一線での活躍を続けます。

2015年にはONKYOとの事業統合したのは衝撃を呼びましたが、今でもPioneerブランドは継続しています。

そしてPioneerは、MCACC(マルチチャンネル・アコースティック・キャリブレーション・システム)を世界で初めて搭載したアンプVSA-AX10を手がけるなど、シチュエーションを選ばずに音を補正できる製品作りを得意とします。

いくらクオリティの高いサウンドでも、狭い部屋で楽しむと本来の性能を発揮しない可能性がありますが、Pioneerのアンプではその点も意識して機能を充実させているのです。
これも、日本の家庭事情などをしっかりと把握し、それに見合ったアンプを作り上げているPioneerの詰めの深さが伺えます。

PIONEERの魅力

  • PIONEERのアンプSC-LX901の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • PIONEERのアンプSC-LX89の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • PIONEERのアンプA-70Aの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • PIONEERのアンプM-AX10の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • PIONEERのアンプH-Z1の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • PIONEERのアンプC-90aの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • PIONEERのアンプSC-LX701の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • PIONEERのアンプC-AX10の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • PIONEERのアンプA-70DAの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • PIONEERのアンプSC-LX79の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • PIONEERのアンプSC-LX88の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • PIONEERのアンプSC-LX801の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • PIONEERのアンプSC-LX90の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

 

PIONEER 最新買取情報

     
           

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑