あんしん売却。


Rogers(ロジャース)はイギリスを代表するオーディオメーカーで、1947年に設立されて以降主にスピーカーの開発・製造をはじめアンプやヘッドホンなどのオーディオ製品を世に送り出しています。

その後1993年に香港のWo Kee Hongグループに買収され、製品のテイストは変化したもののRogersブランドとして製品を販売しています。
そして2008年には、日本法人であるロジャースラボラトリージャパンが発足し、日本でもRogers製品が購入できるようになりました。

Rogers製品で特に有名なのは、1970年代に発売されたBBCのモニタースピーカーLS3/5aですが、アンプ類に関しても名機とされる製品をリリースしており、CADET Ⅲ STEREO やHG-88MKIIなどのヴィンテージモデルが、中古市場にもよく顔を出しています。

また1990年代にはE20a、E40aといったモデルも発売されており、2018年現在ではこれらのモデルの進化形E120aがアンプの主力商品です。
これらはいずれもプリメインアンプ(インテグレーテッドアンプ)であり、Rogersのアンプ開発は主にプリメインアンプに注がれていたことがわかります。

そして、Rogersのアンプは上品で洗練されたUKサウンドに加え、鮮やかでフレッシュな印象と奥行きの深さ、高い解像度などを備える音が特徴です。
Rogers買収後に多少の音の変化はあるものの、さわやかなサウンドを鳴らしてくれるブランドです。

Rogersの魅力

  • Rogers E-20aの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

 

Rogers 最新買取情報

     
           

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑