あんしん売却。

SAGEは、正確にはSAGE音響というメーカー名でアンプ製品を製造していました。
とても小規模の作業場で事業を行う、いわゆるガレージメーカーであり、あるメーカーの一部門として事業を行っていたともいわれています。
創業者である奥田氏は、アンプ製造にかけては卓越した腕を持っており、オーディオ業界では知る人ぞ知る技術者です。

奏でる音は十分なパワーで中低域を豊かに鳴らし、密度が濃く温かみや色気を感じます。
それだけではなくナチュラルで飾り気のない音も特徴で、双方の持ち味が絶妙なバランスを醸し出し、聴き疲れせず心地よさを味わえるでしょう。

現存するモデルの中にはセレクターのポジションにTVとあるものも存在し、そのスペックから主に1980年代あたりを中心に製造されていた製品が多いと考えられます。

SAGE音響は現在では営業しておらず、現存しているアンプは真空管アンプが主です。
中古市場でもあまり見かけない希少な製品で、小規模なメーカーであったとはいえオーディオマニアの間では、良質なアンプとして未だに語り継がれています。

SAGEの魅力

  • SAGE STC-430Cの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

 

SAGE 最新買取情報

     
           

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑