画像
SME 3012-S2の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

SME 3012-S2の魅力と真実に迫る

3012-S2

SME 3012-S2は同社SME 3012の改良型として1960年代に発売されたトーンアームです。
本製品の初期モデルはSMEの代表と言われるほどの仕上がりを誇り、銀メッキや梨地加工のウェイトなど、どの部品をとっても美しい仕上がりでとても人気の高いモデルとなっています。

3012-S2について、よく耳にするのがナイフエッジが金属製であることを評価する声です。
音の立ち上がりや立下りがとてもスムーズだということや、再生時の劣化の具合が非常に少ない特徴があります。
また、後の3012Rはローコスト化の波の中で樹脂製のナイフエッジが採用されているため、強度や感度などを懸念されることも多いのですが、それも含めて、注目度も話題性も高い製品となっています。

さらに、初期型のメインウェイトは2分割型となっていたため、調整も非常に簡単に行う事ができたためストレスフリーな操作感を実現していました。
しかも完美なフォルムで、非常にリーズナブルな価格だった事もあいまり、高い人気を博していました。

3012Rを使用されている方はそのまま付け替えるだけで使用できますので、是非聴き比べてみてはいかがでしょうか。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑