画像
SONY CDP-XA7ESの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

SONY CDP-XA7ESの魅力と真実に迫る

1994年に誕生したSONY CDP-XA7ESは、SONYの主力ラインナップであるESシリーズの中でも、異彩を放つことで知られるCDプレーヤーです。

このプレーヤーでは、まず光学系固定方式を取り入れたメカニズムに目が行きます。
光学ピックアップ部分をメカベース本体にしっかりと固着して、ブレを防止しています。
さらに、ディスク面の振動対策にはスタビライザーを採用。
振動を吸収して読み取りのゆらぎを最小限に抑え込むと同時に、サーボの負担を軽減させるという相乗効果を得ることに成功しています。

フィルターには、新たに開発されたフル・フィードフォワード方式のデジタルフィルターを装備し、小さな信号まで損失なく伝える事ができるようになりました。
カレントパルスD/Aコンバートが可能なD/A変換にも注目で、パルスを電圧でなく電流で表現するという処理を難なくこなし、サウンドの質を更に向上させることに成功しています。

サイズは、幅430mm×高さ125mm×奥行375mm、質量15.0Kgとなっています。ラインアウトに連動することができるボリューム付きのヘッドホン端子を用意しており、ヘッドホンでの利用も想定した設計となっています。ボディはゴールドと共に、ブラックモデルも販売されていました。

CDP-XA7ESは、見た目同様にラグジュアリーなサウンドを実現でき、自分好みのサウンドも作り上げることができる、魅力的なプレーヤーです。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑