あんしん売却。

1946年に創業されたSONYは、高い理想を掲げプレーヤーシステムの開発を続けてきました。

その歴史は1950年に発表された日本初のテープレコーダーに始まっています。
この官公庁で使われていたG型に続き、翌年には家庭用テープレコーダーが発表されました。

1972年には、システムコンポの先発機となる「リスンシリーズ」を発表。
その後もあらゆる音源を高音質で再現するために技術の革新を続け、多くのプレーヤーシステムを発売しています。

SONYはハイレゾ音楽でも初心者が家庭で楽しめるように、たゆまぬ努力をし続けてきました。
たとえば、SONY MAP-S1ではスピーカーケーブルを接続するだけで、簡単にハイレゾの明確な音を味わうことが可能です。
時代を超えて独創的な技術革新を続けるSONYならではの製品と言えるでしょう。

プレーヤーシステムを選ぶ際には音のゆがみなどのスペックを比較することも大切ですが、音質を聴き比べて選ぶ醍醐味もあります。
SONYのプレーヤーシステムで好みの音源を再生すれば、間違いなくファンのひとりになってしまうことでしょう。
歴史と信頼に裏付けられたSONYのプレーヤーシステムには多くの製品があります。
アナログから最新のプレーヤーシステムまで、同じ音源で聴き比べて楽しんでみてはいかがでしょうか。

SONYの魅力

  • SONY TTS-8000の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • SONY CDP-R10の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • SONY Q017-MD1の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • SONY PS-F9の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • SONY NW-WM1Aの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • SONYCDP-X77ESの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • SONY CDP-5000の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

 

SONY 最新買取情報

     
           

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑