画像
SONY HAP-Z1ESの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

SONY HAP-Z1ESの魅力と真実に迫る

SONY HAP-Z1ES

SONY HAP-Z1ESは2013年に発表されたHDDオーディオプレーヤーです。
現代社会で重視されつつある圧縮音源を、いかにクオリティを高めて再生できるかという点に注力し、開発されています。

HAP-Z1ESは、多くの受賞を果たしており、そのクオリティの高さにはプロからも高く評価されています。

まず第一の魅力は、1TBのHDDを内蔵している点です。
まだ当時は多くなかった1TBという大容量で、レベルの高い音源を多く蓄積することが可能です。

また、DSDだけでなく、最大192kHz/32ビットのハイレゾサウンドまで、多くのフォーマットに対応しているので、これ一台でことが足りると言っても過言ではありません。

SONYはSACDのフォーマット作成にも携わっていますが、その際のノウハウをDSD処理技術として本機に余すところなく注入しています。
スタジオマスタリングにおけるDSDアップコンバートや、圧縮することで失われた情報の忠実な再現など、特筆すべき点において枚挙に暇がありません。

サイズは幅430mm×高さ130mm×奥行390mm、質量14.5Kgとなっています。Wi-Fiにより自由に情報を取り入れることができ、常に最新のソフトウェアにアップデートすることも可能です。高性能の冷却ファンは安定した稼働を実現し、HDDをいたわることにも貢献しています。

デジタルオーディオの未来を予想させたその圧倒的なパフォーマンスは、発売から数年が経った今なお健在です。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑