画像
SONY SCD-DR1の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

SONY SCD-DR1の魅力と真実に迫る

SONY SCD-DR1は、SACDの良さを最大限活かし、至上のサウンドを実現することを目的に、2004年に誕生したプレーヤーです。
SONYが持てる全ての技術を余すところなく注入するため、あえてゼロベースで設計から見直しているのが特徴です。

メカニズム部分には、それまで一般的であったフローティングマウント方式を凌駕する、信号読み取り能力に優れたリジッドマウントを取り入れています。
また、光学ピックアップやドライブモーターなどをマウントするベースユニットを、シャーシに固着させる工夫を施し、外部からの振動や共振を防止しています。

ディスクのセット部分にもメスを入れていて、新しいローディング機構を採用。
デジタル出力部とD/A変換部において、各々の直近にマスタークロックをかますことで、ジッター発生を排除しています。

3・Rコアトランス電源により、ノイズをカットしつつ各所に適切に電源供給する仕組みにも注目が集まります。

4系統のデジタル出力端子を確保しており、対応力の高さも文句ありません。

SACDのサウンドを更にクリアに楽しみたい、そんな方にはSCD-DR1は非常におすすめのプレーヤーです。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑