画像
Studer A-810の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

Studer A-810の魅力と真実に迫る

Studer A-810は業務用デッキの最高峰として名高いStuderから1980年代に発売されたオープンリールデッキです。

1970年頃までのテープレコーダーは「アナログ」が主流でしたが、それ以降の流れとしては「デジタル化」の流れへ向かう一方だったことは多くの知るところです。
そんな中、創生者であるウィリ・スチューダーは当時70歳を超えており、アナログ技術と長らく向き合ってきた彼としては複雑な心境あったのは容易に想像できてしまいます。
しかもそれがとてつもない勢いで新たなシェアを獲得する様には危機感を感じていたことでしょう。

そんな背景があった中で発売されたA-810は、コントロール部分をデジタル制御に変えることで遠隔操作を可能とするなど、コンセプトをデジタル化に向け一歩踏み込んだモデルとなっていました。
また、ヘッドは録音再生に特化しているバタフライヘッドを採用しており、最高レベルの音質を誇ります。

これまでのStuderから引き継がれる、ひたすらに自然な品質を追求した最高級の再生音は、マスターテープの再生を最大限にサポートし、まるで目の前で演奏されているかのような臨場感を味わえます。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑