画像
TechnicsのアンプSU-C3000の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

TechnicsのアンプSU-C3000の魅力と真実に迫る

画像

TechnicsのSU-C3000は、デジタルソースの持つ広いダイナミックレンジに対応すべく開発された、ローノイズアンプVGCA(Variable Gain Control Amplifier)搭載のバッテリー駆動式コントロールアンプです。

ゴールドを基調としたボディのサイドには、リアルウッドがあしらわれ、「これぞ高級アンプだ」と言わんばかりの雰囲気を醸し出しています。

性能面で特筆すべきは、極限まで低ノイズ化にこだわり抜くことで実現した、透明感抜群のサウンドでしょう。

新開発されたVGCAには、アンプのゲイン自体を変える方式が採用されていて、入力ボリュームを絞った後に信号を増幅するこれまでのアンプ構成より、ノイズやダイナミックレンジの悪化を低減できるという特性があります。
また、電源部に搭載されているのは、「SU-C7000 Ver.4.0」で好評を博した鉛電池式バッテリードライブです。
この2種の併用により、従来のコントロールアンプでは実現しえなかった、残留ノイズの少ないクリアなサウンドを奏でるアンプが誕生しています。

受注生産品ということで、非常に希少価値が高く、動作に問題がなければTechnics製アンプの中でも高額での取引が多いモデルとなっています。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑