あんしん売却。


Technicsは、松下電器産業の音響機器向けのブランドとして、1960年代に発足したブランドです。
伝説の名スピーカーとして知られる8P-W1を設計した阪本楢次氏と、メイン取引先であった日本橋電気街の河口無線の当時の会長との間でTechnicsというブランド名が付けられました。

1960年代にダイレクトドライブモーターというスピーカーシステムを開発し、しばらくは中・高級オーディオ市場に多くのオーディオ機器をラインナップしました。
その後は低価格帯の音響機器を多く手がけますが、その中でダイレクトドライブ、擬似A級、リニアフェイズ、MASHなどの革新的なシステムを多く開発し、オーディオファンからも高い評価を得るようになりました。
レコードプレイヤーのTechnics SL-1200シリーズは、DJファンのスタンダードアイテムとして広く知られています。

2010年に一度ブランドとしては終焉を迎えますが、ファンの熱い要望により2014年には同ブランドが世界的に再展開されました。
現在では、ハイレゾからアナログまで様々な音楽ソースを魅力的に再現するオリジナルフルデジタルアンプ「JENO Engine」や、パワフルでありながら正確でノイズの無いサウンドを実現するスピーカー負荷適応処理「LAPC」など、オーディオ業界を牽引し続けるTechnics独自の新テクノロジーにも、注目が集まっています。

Technicsの魅力

  • TechnicsのアンプSU-A200の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • TechnicsのアンプSU-A2の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • TechnicsのアンプSU-10000の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • TechnicsのアンプSE-A3000 Ver.3.0の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • TechnicsのアンプSU-C700の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • TechnicsのアンプSU-C7000 Ver.4.0の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • TechnicsのアンプSU-C3000の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • TechnicsのアンプSE-A3の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • Technicsのアンプ20Aの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • TechnicsのアンプSU-A4MK2の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • TechnicsのアンプSE-A5000の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • TechnicsのアンプSE-A3000の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • TechnicsのアンプSE-A100の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

 

Technics 最新買取情報

     
           

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑