画像
TechnicsのアンプSU-C700の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

TechnicsのアンプSU-C700の魅力と真実に迫る

SU-C700は、アナログ2系統、同軸デジタル1系統と光デジタル1系統、さらにUSB-B1系統という多彩な入力端子を持つステレオプリメインアンプです。

2010年、惜しまれつつも一度は幕を閉じたTechnicsが、およそ5年の時を経て発表したモデルであり、高純度の信号出力を実現するために、随所に最新のデジタルアンプ技術が搭載されています。

その代表格とも言えるのが、独自開発のフルデジタルアンプ「JENO Digital Engine(JENO)」であり、この機種には、ノイズの影響を受けずにハイレゾ音源を出力部まで伝達可能にする高精度の「ジッター削減回路」、「PWM変換回路」が採用されています。
これにより、既存デジタルアンプの課題とされていたジッターによる音質劣化の抑制、さらには、ハイレゾ信号のダイナミックレンジを損なうことなくPWM信号に変換することにも成功しています。

加えて、信号を出力段のローパスフィルターへ伝送する際に、スピーカーが持つインピーダンス特性で周波数特性が乱れるのを防止するため、「LAPC」という新たなスピーカー負荷適応アルゴリズムも搭載しています。
この技術によって、従来のデジタルアンプでは成しえなかった振幅と位相の周波数特性の平坦化にも成功し、このSU-C700は、高純度かつ豊かな空間表現能力を持つ理想的なプリメインアンプとなっているのです。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑