画像
Technics EPC-100CMK3の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

Technics EPC-100CMK3の魅力と真実に迫る

EPC-100CMK3

振動系や発電系の両面からアプローチして開発されたシェル一体型MM型カートリッジとして、1981年に誕生したTechnics EPC-100CMK3。

カンチレバーでは、Technicがオリジナルで開発したピュアボロンパイプカンチレバーを使用しています。
元素の中でも比弾性率が最大であるボロンは、ダイアモンドに次ぐ硬度も兼ね備えています。
これを特殊製法によりパイプ状にして、0.098mgという優れた振動子実効質量を実現しています。

全磁気回路では、磁気損失が非常に少ない精密鏡面研磨であるHPFコアを採用しているのも特徴です。
磁気回路の伝達特性を超高域にまでフラット化させて、HPF磁気回路において左右チャンネルを完全分離させています。
また、対称配列を実現させて、チャンネル間のアンバランスによる特性の乱れを抑えています。

カートリッジから温度変化による不安要素を排除した、特殊粘弾性ダンパーTTDD(Technics Temperature Deference Damper)を取り入れて、常に一定のトレースを可能としています。

詳細なスペックを見ると、周波数範囲は5Hz~100kHzで、周波数特性が20Hz~15kHz ±0.3dB、出力電圧としては1.2mVを確保しています。
また、チャンネルセパレーションとしては25dB(1kHz)となっています。

EPC-100CMK3はさまざまな阻害要因を排除した、安定感溢れるカートリッジとなっているだけでなく、音色はどこまでも美しく可愛らしく麗しく、女性ボーカルの曲を聴けば虜になってしまう、そんなカートリッジになっています。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑