あんしん売却。
Technics

Technics

Technicsは、旧松下電工のオーディオ部門として誕生したメーカーです。
一時期は規模を縮小した時代もありましたが、2014年9月にドイツで開催された「IFA」でブランドの復活を宣言し、多くのファンを喜ばせました。
日本においても、2015年2月にはリファレンスのR1シリーズ、プレミアム感が高いC700シリーズを発表するなど、その動きに多くの注目が集まっています。

そんなTechnicsでは、MC型カートリッジとMM型カートリッジの両方を手掛けています。
MC型カートリッジについては、EPC-300MCが初期の代表モデルとして知られています。
鉄芯のないピュアコイル構造のコアレスツインコイル方式を採用することによって、磁気的損失や歪の発生を抑制している点が特徴的です。
チタニウムナイトライドのカンチレバーを使用するなど、素材選びにもこだわっている点が評価できます。

MM型としては、1970年に登場したEPC-84SMが有名なモデルです。
ハイエンドモデルとして発表された経緯から、振動子に高エネルギー白金やコバルト磁石といった高級素材を惜しげもなく使用しています。
高域共振周波数を可聴域より上げるなどの工夫も見られ、よりよいサウンドつくりに寄与しています。

Technicsの魅力

  • Technics EPC-P205CMK3の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • Technics EPC-P100CMK4の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • Technics EPC-310MCの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • Technics EPC-305MCの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • Technics EPC-205CMK4の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • Technics EPC-100Cの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • Technics EPC-100CMK4の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • Technics EPC-100CMK3の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • Technics EPC-100CMK2の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

 

Technics 最新買取情報

買取実績公開中
     

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑