画像
Technics EPC-P100CMK4の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

Technics EPC-P100CMK4の魅力と真実に迫る

Technics EPC-P100CMK4は、位置づけとしてEPC-100CMK4のプラグインコネクタタイプに該当するMM型ステレオカートリッジとして、1983年に誕生しました。

ピュアボロンのテーパーパイプカンチレバーを使用しているのが最大の特徴であり、安定した性能を揮います。
ピュアボロンは釣り竿などでも使用されていますが、頑丈性が特徴的な素材。
熱にも強いという点があるので、過酷な環境においても高い適応力を発揮します。
このカンチレバーを取り入れたことによって、周波数範囲は5Hz~120kHzという広範囲にまで対応。
周波数特性としても、20Hz~15kHz ±0.3dBと驚異の数字をマークしています。
簡単なようで難しいボロンの加工も容易に高いレベルで実現しているのがすごいですね。
出力電圧としては1.2mVで、チャンネルセパレーションは25dB以上(1kHz)を確保しています。
コンプライアンスは12×10-6cm/dyne(100Hz)であり、トレース性能も非常に高いのが魅力的です。
針先としては、Linear Elliptical 0.065ミリ角のブロックダイヤを使用していて、摩耗にも強く長い間使用し続けることが可能です。
針圧範囲は1.25±0.25gであり、振動子実効質量としては0.055mgと高いパフォーマンスを誇ります。

高分解能が凄まじく、どんな環境下にあっても、安定感が失われないカートリッジとしておすすめです。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑