あんしん売却。


Technicsは、Panasonicのオーディオ機器ブランドとして知られています。
初期の名作としては、1965年に誕生したスピーカーSB-1204が有名ですが、このスピーカーのペットネームとしてTechnics 1が用いられたことが起点となっています。

2010年に一旦ブランドとしての役割を終えましたが、その後2014年に再展開が行われています。
Technicsの中で有名なのがレコードプレーヤーで、特にSL-1200は1980年に誕生して以降、今でも愛用者を多く抱えいている名機です。
その名機を現代版にリファインしたSL-1200Gでは、ダイレクトドライブターンテーブルシステムと命名されており、コアレス・ダイレクトドライブ・モーターを新規で開発し、より安定感と剛性を高めることに成功しています。

トーンアームにはマグネシウムを採用して、スタティックバランス型のユニバーサルS字形を継承しています。
トルクの強さが魅力的で、スクラッチ動作を行っても安定感を失うことがありません。
ただ、基本的な機構などはSL-1200から大きな変化は生まれていません。
これは言い換えれば、初代SL-1200が既に完成の域に達していたプレーヤーであったことを意味しています。

最新機種では、Grand Class G30 Seriesでミュージックサーバーの世界にも果敢にもチャレンジして、特に次世代Hi-Fiをいち早く実現している点が評価できます。

Technicsの魅力

  • Technics SL-Z1000の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

 

Technics 最新買取情報

     
           

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑