画像
TUBE WORKS WE310Aの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

TUBE WORKS WE310Aの魅力と真実に迫る

TUBE WORKS WE310Aは、整流管を交換できる真空管式ラインアンプです。
整流管はMT7Pミニチュア管6X4(MT7Pソケット)、GT管6X5GT(US8Pソケット)、WE412A(MT9Pソケット)から選ぶことができます。

増幅部にはWE310Aを使用していますが、ローノイズタイプのWE310Bに交換することも可能で、310Bの音質を好む方も多いようです。

オーディオマニアの中には、従来のアンプとはひと味違った音を聴きたいと、ラインアンプに興味を持つ方が増えていて、WE310Aはまさしくそんな方の要望をかなえるためのアンプであり、あまりゲインを必要としないトランス送り出しと、実にシンプルな回路構成となっています。

ボリュームやRCA入出力ジャック、AC電源、ヒューズホルダをすべてシャーシ上面に配置し、背面をスッキリさせた作りも好評です。
アッテネーターに使用される抵抗器は2個だけなので、従来のボリュームのように音に濁りが生じることはありませんし、また、ボリュームは左右別々に調整することが可能です。

WE310Aは使用パーツにもこだわっており、WEオイルペーパーコンデンサやA-Bカーボン・ソリッド抵抗などを採用し、配線にはWE綿巻線を使用してレトロ感を出しています。
出力トランスには1次21kΩ、2次600ΩのWE500Aを装備し、チョークコイルはWE307M 9Hを2個使ってダブルチョークコイルとしています。
シャーシの外形寸法は、410(幅)×185(奥行)×65(高さ)mmです。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑