画像
Wadia 861の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

画像

Wadia 861の魅力と真実に迫る

Wadia 861

Wadia 861は2000年に登場したCDプレーヤーで、当時、同社の技術をフルに注ぎ込み、開発されたモデルとしてその名を知られています。

D/Aコンバーターには、オリジナルのDigiMaster2.4をマウント。
これは高速演算DSP、デジマスター・ソフトウェアとセットになり、タイムドメインの高いレベルでの補完を実現しています。

デジマスター・ソフトウェアでは、他にも標準モードに加えて、新規で2種類のアルゴリズム切替え機能を兼ね備え、Algorithm Aでは、伝統的なタイムドメイン機能を踏襲して、空間表現に優れたサウンドを得ることに成功しました。

回路実装においては、RF信号の干渉を抑えてジッター低減を目的として、アドバンスド・サーキットボードレイアウト・テクニックを取り入れています。

他にも、D/Aメインボードの表面実装化にチャレンジして、2ポールの高音質アンチRFフィルターの採用とのコンビネーションにより、ノイズのカットを強く意識した設計など、注目すべき技術が数多く盛り込まれています。

サイズは、幅432mm×高さ178mm×奥行406mm、質量22Kg。渋みのあるデザインを採用しており、どんなシーンでもしっくり来るデザインも魅力となっています。

Wadia 861は、様々な工夫を取り入れて、CDプレーヤーの新たな領域を切り拓いたモデルといえるでしょう。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑