画像
Wadia Wadia 16の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

Wadia Wadia 16の魅力と真実に迫る

Wadia Wadia 16

日本で大ヒットしたWadia 6をバージョンアップさせて、1994年に発売されたのがCDプレーヤーWadia 16です。

このモデルのD/Aコンバーター部は、Wadia独自の「デコーディングコンピューター」を採用し、先行する12サンプルからのデータから独自の自然関数「デジマスターアルゴリズム」による実補完を行なったあと、復元された32倍リサンプリングデータのアナログ信号をダイレクト出力しています。
さらに、スター社製4パラレル高速DSPチップと、バーブラウン社製1702リニアDACを搭載することにより、56ビット80MIPSの演算処理によって、21ビット精度の分解能を実現しました。
また、トランスポート部には、新設計のCMK-3型VRDSメカニズムを採用することで、振動や共振を徹底的に取り除き、これらが原因となるジッターの発生を抑えています。

筐体は、独自の「スーパーデチューンドエンクロージャー」を採用し、航空機用コンピューターグレード・アルミニウムプレートを使用するなどで、筐体内電磁共振を排除しています。
背面パネルには、4系統のデジタル出力に加え、4系統のデジタル入力も備えているので、Wadia 16を単体DACとして使用することも可能です。

Wadia 16は、先代のWadia 6と同じくらい日本でヒットし、その高解像度と濃厚サウンドは国産のCDプレーヤーでは得難いものでした。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑