画像
Wadia Wadia 581の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

Wadia Wadia 581の魅力と真実に迫る

2007年に誕生したWadia 581は、ワンランク上のサウンドを楽しめるSuper Audio CDを目指し、細部にまで徹底的にこだわりを見せてデザインされたSACDプレーヤーです。
そのこだわりに比例して価格が高めでありますが、それでも手を伸ばしたくなるような魅力を数多く持っています。

注目は、マルチビットD/A変換メカニズムを採用している点であるほか、マルチフォーマットなテクノロジーにより、88.2kHz/24bitのマルチビット変換処理を可能としている点です。
従来モデルでも、抜群の性能を発揮しているデジマスターフィルターシステムは、MHzオーダーであるデュアルDSPにより、精密な処理を確実に行ってくれます。

また、Current Conveyor回路により、優れた直線性と過渡特性の確保を可能としており、50dBの可変を行えるデジタルボリュームコントロールにおいては、パワーアンプに直結できるように設計されている点にも注目が集まります。

サイズは幅432mm×高さ184mm×奥行420mm、質量21.8Kgとなっていますが、見た目とは異なり意外に軽量で、ソリッドアルミニウムを上手くボディに使い、頑丈性と熱処理の容易さを両立させているのも特長です。

Wadia 581は、最先端の技術を詰め込んで、SACDの能力を最大限引き出す事ができるので、最高のスピーカーと組み合わせてサウンドを楽しんでほしいSACDプレーヤーといえます。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑