画像
Wadia Wadia 850の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

Wadia Wadia 850の魅力と真実に迫る

Wadia Wadia 850

1997年発売のWadia 850は、D/Aコンバーター部に高性能なモトローラのDSPを搭載しており、ディジマスターソフトウェアとの組み合わせにより、Wadia独自の32倍リサンプリングを高精度で行います。
このモデルは、メカ部にVRDSのCMK-4を採用することにより、クランプをディスクに圧着してディスクの反りや歪を矯正し、振動や共振も排除して読み取り精度を向上させました。

CMK-4では、ターンテーブルを支えるブリッジ部を肉厚補強リブ構造とし、メカ全体を専用サブシャーシによってフローティングするなどの振動対策がとられました。
また、D/Aコンバーター部に近接配置されたマスタークロックによって、優れた低ジッター特性を得ています。

さらに、高速DSPチップとバーブラウン社製1702KリニアDACを搭載することにより、21ビット精度の分解能を実現したほか、搭載されたデジタルボリュームコントロールによって、メインの音量調整と別に出力レベル設定機能を搭載しています。 そして、内部ディップスイッチの設定により、オーディオ出力の最大レベルも調整することが可能となっています。
加えて、デジタル出力はSTとBNCの2系統ですが、デジタル出力がないだけの「850STD」と呼ばれる機種も存在します。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑