あんしん売却。

YAMAHAのスタビライザー「YDS-8」は、レコードプレーヤーGTシリーズに、標準装備のオプションとして付けられました。
従来のディスク型よりも大きい直径74mm、850gで、アルミ真鍮複合型となっています。

「YDS-3」も同シリーズのオプションで、真鍮削り出しとアフリカンパドックの金属・木製の、両面使い分けが可能になりました。
素材ごとの音質の違いを楽しむことができるユニークな製品で、直径70mm、680gと、YDS-8よりも小さい仕上がりになっています。
また、「YDS-1」は、黄銅削り出しによる成型をした製品で、電動ポンプ式吸着システムを採用し、レコードの重量をアップしました。

スタビライザーは、レコードレベルを押さえつけて振動を抑制するものですが、大きくて重量があればよいというわけではなく、アナログレコードの溝に深く入り込むことで、音源に近い音になることもあれば、弾みやリズム感に関しては物足りなく感じる人もいるでしょう。
レコードプレーヤーのモーターなどへの負担も考慮しながら、複数のスタビライザーを視聴して、好みの音質を見つけることをおすすめします。

希少なYAMAHAのスタビライザーは、なかなか出回ることがなく、求めているオーディオマニアは多いため、これからも安定した価格で取引されることでしょう。

YAMAHAの魅力

  • YAMAHA YDS-3の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • YAMAHA YDS-1の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

 

YAMAHA 最新買取情報

     
           

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑