画像
YAMAHA YA-39の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

画像

YAMAHA YA-39の魅力と真実に迫る

YAMAHA YA-39は、1982年に登場したYAMAHA社のGT-2000に採用されているトーンアームです。

YA-39は、キャビネットに太いネジ2本によって取り付けられているユニークなモデルです。

アームをサポートする部分は仮想一点支持ジンバルサポート方式が採用されており、ベアリングはゴムプッシュで支えられた構造です。
これは、がたつきを徹底的に排除し、感度の両立を図るうえでの重要なファクターだと言えるでしょう。

S字のうねりを極少化したYA-39は、水平トラッキングエラーを狭い範囲に抑え込むことに成功しました。

アーム高さ調整機構は、+10mmから-6mmまで可能です。

三点支持のロック機構は固定方式が導入され、シャフトは1mm刻みの目盛り付きが特徴的な真鍮削り出し27mmのものです。

アームベースは、亜鉛ダイカスト製が採用されており重量級だといわれています。

GT-2000には、YA-39の他にも限定生産されたストレートアームYSA-2やトーンアームYSA-1を装備することも可能です。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑